ブランド牛肉は通常、日本食肉格付協会の格付けを定義に取り入れ、
一般に、一定の規格以上の枝肉をそのブランドとしています。

神戸ビーフは協会の格付けの一部を利用しています。
また、松阪牛や近江牛など格付けを利用しないブランドもあります。

ブランドの知名度が高いほど需要が増え、A5ランクのみ、もしくは、A4~A5のみに限定してしまうと供給量が追い付かないのでブランド知名 度が高いければ高いほど、格付けを定義の一部に利用しない、もしくは等級の幅をもたせたりしています。

現在、A5ランク限定のブランド牛は「仙台牛」のみだそうです。

A5ランクの牛肉を生産するより、ランクが下でも知名度の高いブランド牛を生産する流れが主流になってきています。

ますます、希少性が高くなるA5ランクの牛肉。

私どもは、ブランドに頼らず、質の高い牛肉にこだわり、みなさまに提供していきます!