wagyu-beefcuts

1, ネック
首のまわりの部分、キメが粗くて、かたく筋っぽい部位。

2, 肩ロース
脂肪が適度にあって、風味がある部位。

3, リブロース
霜降りになりやすくて、キメが細かく、肉質がいい部位。

4, サーロイン
ステーキ用として有名。キメが細かく、やわらかくて甘みがあり、霜降りが多い部位。

5, フィレ
キメが細かく、とてもやわらかく、脂肪が少ない部位。

6, ランプ
もも肉の中で、特にやわらかく脂肪が少ない赤身の部位。

7, イチボ
お尻のエクボの部分。少量しか取れない貴重な部分で、霜降りと赤身が合わさった部位。

8, 肩
風味がよく、濃厚な味の赤身の部位。

9, 肩バラ
肋骨の外側についている三枚肉。

10, トモバラ
霜降りが多く、濃厚な旨味がある部分、一般的に「カルビ」と呼ばれる部位。

11, 内もも
ももの内側の部分、赤身で脂肪が少ない部位。

12, 外もも
ももの外側の部分、キメがやや粗くて、少し硬めな部位。

13, しんたま
赤身の固まりの部分、脂肪が少なく、たんぱく質の多い部位。

14, テール
尻尾の部分、コラーゲンが豊富な部位。

15, すね
筋が多くて硬い部分。コラーゲンが豊富で濃厚な味わいがある部位。

16, ホホ
牛のほっぺたの部分の肉。ほどよい脂があるので薄切りにして食べるとやわらかさを感じる。

17, ウルテ
のどの器官にあたる軟骨の部分。軟骨ならではのコリコリ感が特徴。

18, ミスジ
肩甲骨の下の部分、腕の部位の中では、一番の霜降り部分。脂肪分が少ない赤身のため、ややかための食感。

19, ハラミ
横隔膜の背中側の薄い部分、赤身の肉に見えるが実は内臓肉。味や食感は赤身のお肉にとても近い。

20, タン
牛の舌の部分。脂肪分が少なく、シコシコとした食感。

21, ハート
ハツ、心臓の部分。淡白な味わいでサクサクした食感。

22, ミノ
4つの胃のひとつ、第一胃袋。とてもかたい部位ですが、切り込みを入れ、食べやすくするとコリコリとした食感がくせになる。

23, ハチノス
4つの胃のひとつ、第二胃袋。淡白であっさりしていて弾力のある歯ごたえが特徴。

24, センマイ
4つの胃のひとつ、第三胃袋。刺身で食べることが多い。ザクザクとした食感は他のホルモンにはない食感。

25, アカセン
4つの胃のひとつ、第四胃袋、ギアラとも呼ぶ。脂が少なくあっさりしていてコリコリした食感。

26, レバー
牛の肝臓、肝の部分。新鮮なものは生で食べると臭みも少なくプリプリの食感。

27, シマチョウ
大腸の一部で特にやわらかい部分。マルチョウよりかたく肉厚でシコシコした食感。

28, マルチョウ
小腸、脂が多くやわらかい部位。身がとてもうすく脂が多くとてもやわらかいとろけるような食感。

29, コブクロ
子宮、牛のコブクロはとてもかたく、豚が主流。淡白な味でシコシコした食感。